ブログトップ

最近のブログ記事

カテゴリー

【部位辞典】リブロース(リブ芯・ロース芯)

| 固定ページ | コメント(3)

リブロース

 

 

リブロースとは非常に柔らかく、霜降りが多く入りやすい部位です。

きめの細かい肉質で、脂肪も多く、1部位として均一で大きいので商品化しやすく

すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキ、ロースト用などに適しています。

「肋骨の背肉」という意味を持つ「リブロース」は、肩ロースとサーロインに挟まれた部位です。

色沢が美しく、霜降りになりやすいのが特徴です。

きめが細かく肉質もよいので、肉そのものを味わう料理に使用されます。

断面の中心にある長円形の部分を「ロース芯」といい、ロースの中でも

やわらかくて味がよい部位です。

 

リブロース商品一覧へ