ブログトップ

最近のブログ記事

カテゴリー

Bucherしげの仕入日記 【但馬牛 三田和牛】

| 固定ページ | コメント(0)

但馬牛・三田和牛を通販でお届けするミート・マイチクの長尾です。
いつもブログをお読み頂きありがとうございます。
先日までの気温が嘘なくらい一気に冬に逆戻りしましたね。
早く春が来てほしいものですね!!
焼肉、BBQの季節到来かと思いましたが、
やはりこんな時は、鍋ですよね。
そんな鍋に最適なお肉を今日は紹介いたします。
最近、店頭でよくお聞きするお声が
「霜降りは苦手なんだけど、赤身って・・・。」
というお声です。
そんな時よくお勧めするのが、三田和牛の『肩肉』という部位です。
肩肉3
その肩肉の中でも『クリ』といわれる『栗』によく似た部位です。
赤身の中でもモモ肉に比べ霜降りの割合が多いので柔らかく、
あっさりとした味わいと牛肉の濃厚な旨みがお楽しみいただけるからです。
肩肉2
しゃぶしゃぶやすき焼き、温野菜とともにサラダなんかもいいですよね。
もちろん鉄板焼きで焼きしゃぶなんかでも頂けます。
肩肉
赤身のお肉をお探しの時は、一度『肩肉』を選ばれてはいかがでしょうか。
当店の肩肉商品はこちらから探していただけます。
http://www.meat-maichiku.co.jp/fs/meat/c/bui-katniku

【部位辞典】キューブロール

| 固定ページ | コメント(6)

キューブロール(オーストラリア産部位)とは味が濃く、霜降りが入りやすく、肉中の水分が多く

ジューシーで柔らかく、煮込み以外のロースト、ステーキ、焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶに

オススメです。


【部位辞典】ポイントエンドブリスケット

| 固定ページ | コメント(0)

ポイントエンドブリスケット(オーストラリア産部位)とは、赤身で肉質はやや硬いが味のある部位で

シチュー、ポトフなどの煮込み用にオススメです。

カブリとブリスケットに分割して肉目をそろえて薄めのスライス

で商品化、焼肉用にはブリスケットはネック側を活用します。


【部位辞典】フォアーシャンク

| 固定ページ | コメント(0)

フォアーシャンク(米国産部位)とはマエスネの部分です。

日本のスネと同じでスジが多く硬い筋肉なので、煮込み用に最適です。

また味が濃厚で、ミンチ材としても最適です。


【部位辞典】チャックリブ

| 固定ページ | コメント(1)

チャックリブ(米国産部位)とは、三角バラの部位にあたります。

アメリカは第1から5番目の肋骨で商品化されています。

焼肉用として最適の部位です。

霜降りですので、スライスしてすき焼き用になります。


【部位辞典】ブリスケット

| 固定ページ | コメント(0)

ブリスケット(米国産部位)とはマエバラの部分で通常はジックルオフで、三角の部分を取り外し、

カバー脂肪を除去しています。硬い部分も含まれるので、切り落としなどのスライスで、

すき焼き用、焼肉用、煮込み用として商品化いたします。


【部位辞典】ペクトラル

| 固定ページ | コメント(0)

ペクトラル(米国産部位)とはブリスケの先端部分で、ペクトラルとは「ムナヒレ」という

意味で、柔らかい、味のある部分です。赤身ですが味が濃厚ですので焼肉やたたきなどに

オススメです。


【部位辞典】肩バラ(うでバラ・カルビ・三枚肉・三角バラ)

| 固定ページ | コメント(2)

三角バラ

 

肩バラ(うでバラ・カルビ・三枚肉・三角バラ)とは、あばら骨まわりの肉で、前部分を「肩バラ」

後部分を「ともバラ」と呼びます。赤身と脂肪が層になっていて、きめは粗くかための肉質です。

「ともバラ」よりサシが多く、「スネ」や「ネック」についでかたいので、角切りにしての煮込みや

塊肉のまま蒸し煮によいでしょう。

薄切りにした焼肉用を「カルビ」と呼びます。

 

肩バラ(うでバラ・カルビ・三枚肉・三角バラ)商品へ


【部位辞典】チャックテンダー

| 固定ページ | コメント(15)

チャックテンダー(オーストラリア産部位)とは赤身ではあるが味が濃く、頭の部位には適度な

霜降りも入りますが、やや肉質は粗いです。中央すじから分割して、焼肉・炒め物用、ブロックで

カルパッチョ・たたき用などにオススメです。


【部位辞典】クロッド

| 固定ページ | コメント(0)

クロッド(オーストラリア産部位)とは一般的にスライスしてすき焼き、炒め物用に小割りして

味の濃くジューシーなミスジ、サンカクのミスジ側はステーキ、焼肉用、カツレツ、ニノウデは

煮込み、炒め物に最適です。